コロナウィルス関連で残されたペットに朗報

これまでたくさんの猫をとても素敵な方々へ譲渡させていただいてきましたが、コロナウィルス蔓延によりこの先のペットの未来について、どうしましょーと早い段階からアニコムさんへご相談して参りました。
飼い主さんがコロナウィルスで入院した場合、これまでのように面倒みれない、或いは飼い主さんが亡くなってしまい、ご家族も入院している等のケースが考えられると思いました。

その様な様々な内容をご相談して間もなく、本当に間もなく素晴らしいプロジェクトを立ち上げててくださいました。

コロナ感染者のペットを無償でお預かりする「#StayAnicom」プロジェクトを始動!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000028421.html

タイムリーな事案をすぐに形に出来るのは、アニコムホールディングスさんの社風です。若い社員、現場の社員を信頼して常に意見を最短でトップにつなぐ!形にする!という事が実現出来ています。

これまでも手厚く様々な支援を受けて参りましたが、今回のこのプロジェクトにはあまりに懐が深すぎて言葉が出なくなりました。
それでともかくも話をふった責任上、みたか123としてこのプロジェクトの譲渡の部門に関しまして、全身全霊にて関わる!とお約束いたしました。
それは一度預けた動物を迎えにこられない場合も相当あるだろうし、コロナ以前に元々多頭崩壊等は全国のボランティアさんの体力を奪ってきていますし、その線引きなくなりますよ!のこちらの指摘を飲み込んだ上での大丈夫です!との爽やかなお返事ですので、ではとにかく頑張りましょうとなっております。
あくまでもコロナ関連のプロジェクトですが、施設はこの先いくつも建てる準備があるとの事です。

そうは言ってもあなたの犬、猫は、最後まであなたといたいのです。
簡単に手放す、預けるなどしないでくださいね。

命が大事。
一番大事。

あー、これが日本政府がわた
したち日本人にしてくれる事だったらと、本当に残念でなりません。

この先の里親募集関連におきましてはこちらのサイトをご覧下さい。

https://hug-u.pet/linkInfo.php

うちのホームページのリンクにあります。この先の譲渡の姿として、コロナの感染を防ぎながらまた譲渡後の様子をより身近にやりとりできる様に、スカイプ等併用してゆける様に工夫をする予定になっております。

是非個人の方、団体の皆さま
ご利用なさってみてください。
宜しくお願い致します。