9月9日(日)の譲渡会 結果報告

9月9日の譲渡会にはまたたくさんの皆様がお越しくださり、ありがとうございました。

今回もまた特定の数匹に対するお申し込みが重なり、残念な思いをされた方が増えてしまいました。
次回に優先されますので、また是非宜しくお願い致します。
今回は21匹中15匹が、決定となりました。
次回は23日(日)を予定しております。
是非宜しくお願い致します。
お届けの写真を一部掲載いたします。

1536821644290

1536821636241

1536821655756

活動経過

7月からの依頼をたくさんお待たせしています。
1人で回っていますので、毎年この時期には、このようになってしまうのが現状です。
9月に入ればもう今年生まれの子猫は、子猫ではなくなっています。
里親予定の子も泣く泣くリリースになってしまう場合もあります。
毎年この時期の依頼人の方は、初めましての方ばかりになりますが、捕獲器の貸し出し、網の貸し出しをしていても出来ない、早く来て!という方も多いです。
また、捕獲できたとしても、ペット不可の住まい、また猫アレルギーの方ならまだわかりますが、自分の家には自分の猫がいるから入れられないという方が非常に増えています。
では、市民のわがままを次々聞いて持ち帰っているボランティアの家の心配はしないのでしょうか?
一般のごく普通の猫飼いの方々は、自分の家を清潔に保ち、また生活のペースも乱したくない。このような方がほとんどです。
外の猫を助けたい、野良猫の頭数を減らしたい!という市民の方々は、譲渡会の舞台に猫がのるまで、どれほど大変か、その苦労を拒絶したまま風景を変えたい等と思っているようですが無理です。
同じ市民なら、誰もお客様ではないのですから、苦労は共にしてゆく意識がないと、いつでも猫の繁殖率の前に負けて負けて負け続ける事と思います。
自分でTNRできる人になってください。
TNRしつくした場所に、猫は生まれませんから。