愛護動物の遺棄の考え方

環境省より愛護動物の遺棄の考え方が示されました。

野良猫の子供で、親がいないからいいだろうとの判断で、手をかけて移動する事は、できません。猫の習性を考えると、引越しの途中かもしれません。また、親と引離すことは、飲食ができなくなり血糖値があがり生命・身体に危険を及ぼします。手をかける前に保護し世話をするか、よそへ持っていき放置(遺棄犯罪)するかの選択がありますが、どちらにせよ命に手をかけたと考えてください。動物愛護管理法の罰則規定が厳しくなっているのは、統計上、動物から人への犯罪行為に移ります。

手をかける前に、保健所・動物愛護センター・動物愛護ボランティア団体へ相談してください。地域住人によるが起因とする環境問題を改善する活動を行っているボランティア団体でも相談に載って頂けると思います。

地域猫活動を行っている当会では、地域の方が保護し、保護した地域の方が室内飼いをして人に馴らしている猫を対象に、猫の譲渡会を開催していますので、ご協力可能と考えています。

優しい気持ちをお持ちでしたら、是非、一歩踏み出し、行動を起こして頂ければと思います。

以下は、環境省からの通知を全文載せますので、ご一読の程、宜しくお願いします。

n_23.pdfn_23.pdf n_23.pdf n_23.pdf