猫の不妊去勢手術の税金投入

猫の不妊去勢手術に対して、助成金を出している行政が多くなっています。「猫になんで税金を使うのだ!」と言われる方がいます。ご指摘のとおり、猫へ税金の投入をしている行政は、無いと考えています。

では、何故?

税金の投入は、環境改善のために行っています。地域猫活動は、地域環境改善活動になります。

人の先祖からの付き合いがある猫は、いつの日か人に捨てられ、または、不妊去勢手術をせず外飼いのため子猫を産み、飼い主のいない状態になり現在に続いています。人(先祖)の身勝手さにより増えてきた猫に対して、猫好き・猫嫌い等の思想(行政用語で色々な考え方がある)を重んじている現在では、税金の投入を避けています。猫が多数いることによる糞尿の被害を軽減する(生活環境がよくなる)事にに対して、悪くなった方がいいとの思想のお持ちの方は、極端に少ない(いない)との判断により税金の投入を行っています。

 以上の理由のため、地域猫活動は、猫好きが猫のために行う活動では無い事が、ご推察されると思われます。勿論、無駄な税金の使い道としないため、地域の環境改善のため、術後の管理(環境として)が重要なことは、明白です。