ゴミじゃないよ、生きてるんだよ、幸せになったんだよ

昨年の春先に上連雀でゴミ置場に置かれていた三匹の子猫達です。
誰かがそれを見兼ねて三鷹警察署に持ち込んだようでそこで数日たっていたようでした。たまたま自転車を盗まれて警察署に届けに行ったところ、この三匹が大きな声で叫ぶように泣いていたんでした。
聞いてみますと、期限がきて明日愛護センターへ運ぶところだという事でして、全部ちょーだいと言って持ってきたのでした。
間一髪のところでした。

こうなると、どなたか知りませんが、自転車盗んでくれてありがとう!です。
いや、そうではなくて、生まれた子猫だけ摘んで捨てるなんて事しないで、より良い方向性にそろそろ行きましょう。
来年の春も同じ事しなくてはなりませんから、とにかくお母さん猫を手術しましょう。
よろしくお願いします。

この中の二匹は既に幸せ便りに出ております。
最後の一匹キジトラのちまちゃんは、国分寺にゆきました。

それでは里親さんからのメールをご紹介いたします。

2013011520540000

おはようございます。昨日ワクチンとノミトリしました。体重も順調に増え、1キロになり、一回りでかくなりました。
階段デビューして得意げに登り下りしてみせてくれます。
ミルクがけご飯が大好きで、缶詰めに猫ミルクをかけてあげています。ちまちましているから、名前はちまちゃんになりました。本当にかわいいんですよ。

Image140~00

路上で生まれた子猫のうち、このように幸せをつかめるのは、ごく一部です。皆様方にも、とにかく!路上で人知れず亡くなっていく不幸な子猫を増やさないため、お母さん猫達の避妊手術の協力はして頂きたく思います。