活動報告

12月22日(日)の譲渡会結果報告

12月22日(日)の譲渡会は、久しぶりのアドリブカフェスタジオでした。駅からバスという条件の所ですが、寒い中たくさんの方がお越しくださり、まるで初めから決まっていたかのように、その猫にぴったりの里親さんがいらしてくださいます。
これは一年間通して毎回がそうでした。
そしてそれが何年も続いております。
この状況には本当に天をあおいで感謝致します。
お陰様で待機猫を増やして抱えるという事なく、今年も幕を閉じる事ができます。

本当にたくさんの出会いをありがとうございました。

今回は7才以上の猫も、片目の悪い猫も含めて、19匹中18匹が決定いたしました。

最近は三鷹、沖縄の猫の他、関東近郊からのやむを得ないご相談も受ける事があります。
うちから猫をもらって下さった方々の地元の猫のご相談という事になります。
今年は練馬、埼玉、がほとんどでした。
どのようなお話の内容であれ、そこの市町村にまずはご相談をとお願いしていますが、それでもダメな場合、万策尽きたという所までいってから、こちらは多少介入させていただきました。

最近気になるのは、住民があらゆる努力をしたい、やりとげたいと言うのに、シラッとした応対をされて唖然としてしまうケースが相次ぎました。

要するに登録ボランティアにしか捕獲 器を貸さない、あなたが登録ボランティアになれば、ああもできるこうもできる!と言われてそこで終わりになってしまう状況でした。

普通の人は積極的に登録ボランティアなどにはなりたいと思って生きていないわけですから。

そしてそんな普通の人々がハードルなく、目の前の猫の問題にあっさりと介入するのが、本来の地域猫の個別パターンの姿だったはずですが、一体どうなってしまったのでしょうか。

今回は東村山の猫がそうでしたから、こちらで捕獲器を手配させていただきました。
その5匹の子猫も全て今暖かなお布団で寝ています。

美談ばかり書くのは好きではありませんが、やはり人の意思と手が動いた分、確実に状況は変化しますから、目の前の猫の事は、まずはそこに住んでいる住民のなすべき事というのが地域関係なく基本だと思います。
わざわざボランティアになる必要はないと思いますから、その土地その場で頑張りましょう。

それでは既にお届けした写真を掲載いたします。

令和元年

ありがとうございました。

新しい年が皆様にとって素晴らしい年でありますようお祈り致します。

12月1日(日)の譲渡会結果報告

12月1日の譲渡会には、またいつもながらたくさんの方がいらしてくださりありがとうございました。

大人の猫特集
寒空に捨てられた猫特集
みな今、暖かいお部屋で安心のため息をついて眠る事が出来ています。

それもこれもいらして下さる方々が、一番かわいそうな猫を貰いに来ました!とか、最後に余った猫にしますから待っています!と言ってくださるので、本当に奇跡的にいつもうちの会は待機猫が増えません。
ですので大きな寄付を募る事なく、たくさんの猫を譲渡し続ける事ができております。

いつも皆さまのおかげです。
ありがとうございます。
また、支援物資をお持ち下さりありがとうございました。
大変助かります。

おかげ様で今回は20匹中16匹が決定となりました。

次回は年内最後のクリスマス譲渡会です。
12月22日(日)を予定しております。

皆でケーキをたべましょうね。

一年ぶりのアドリブカフェスタジオ、三鷹市役所前です。
宜しくお願い致します。

それでは既にお届けしているお写真をご紹介いたします。

 

 

11月1〜3日 医獣祭大譲渡会 結果報告

11月1日2日3日に日本獣医生命科学大学さんにて行われました、毎年恒例の学園祭譲渡会では、今年もたくさんの方がいらしてくださいました。
大変感謝いたします。

(写真は実際の場内風景であり、盛ったりしていないものですw)
また、長年イベントや譲渡会にてお世話になってきました、日本獣医生命科学大学さんの名前を過剰に宣伝に織り込む等、この先もしないつもりでおります。

今年も従来通り、この場所から猫をもらった思い出として、里親さんが遊びにいらしてくださいました。
かなり古い方々もお顔を見せてくださり、お渡しした猫も10才を越えましたーとなってきました。

それでもお写真を見せていただくと、あー、この子はー!と保護した場面が昨日の事のようによみがえってきてしまい話に花がさく、楽しい同窓会のようになっております。

ここ数年の沖縄の猫たちの出所は、多頭崩壊からというのが多かったです。
それも3ヵ所以上の崩壊の家から数年をかけて譲渡してきまして、かなり終わりに近くなってきたようです。

引き受けて下さいました皆様のおかげです。

また崩壊させる人たちと、関係を絶ち切らないやり方、猫を全て取り上げず、全ての猫を手術した後、長く付き合い、定期で掃除に入り、段階を経て猫を譲渡してゆくやり方は有効だな!とつくづく感じます。
ボランティアさんは並大抵な苦労ではありません。
しかし、新たにまた子猫拾ってきたな!という場面に早いうちに遭遇しますから、やはりとても有効なやり方だと思います。

そのような場所からこちらで譲渡させていただいた猫たちの、一年経った姿を見せに来て下さり、優雅な家猫になっている写真を見ると、感無量です。
ここまで綺麗な猫になってしまうのかと。
言葉がすぐに出ません。

本当にありがとうございました。

さて、様々な思い出話に花がさきながらも、今年は参加猫41匹の中36匹を決定といたしました。

また、毎年大学の獣医さんのご家庭が里親さんになって下さっておりますが、今年は久米島に積極的にTNRに通っておられる獣医さんがおられました。

そして沖縄に戻ったゆいまーるさんには、今現在南のある島のTNRを頼んでいまして、私がお手伝いに行けないので、今回は口だけ出していて申し訳ないです。
しかし、区長さんと市と連携していますから、実りある模範の島に近くなっていると思います。
ありがとうございます。

あくまでも別枠ですが、昨年捕獲名人と言われたボランティアが突然亡くなってしまった事も要因かと思いますが、今年練馬で広範囲にて猫が大繁殖していて、うちで受けるのにはかなりきつくなってきました。

石神井台
富士見台
西大泉
大泉学園町
高松
桜台
高野台
そして上石神井

地続きの東京ですので、何とか今食い止める事が出来るよう、対策が進む事を望みます。

それでは、既にお届けしている写真を掲載いたします。

次回は12月1日(日)三鷹カフェハンモックにて予定しております。
宜しくお願い致します。

10月6日(日)の譲渡会結果報告

この度の台風19号の被害にあわれた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

都内あちこちにたくさんの里親さんがおられる事もあり、気が気ではありませんでした。
特に東北の浸水を見ているとなんで何度もこんな目に・・と言葉がみつかりません。

こんな時に譲渡会というのは如何なものかと思っており、10月いっぱいは自粛いたします。

この先寒くなるというのに、避難所生活はさぞかしお辛い事だと思います。

10月6日(日)の譲渡会は、全ての猫にお声がかかりまして、ありがとうございました。

次回は11月1日2日3日と、毎年恒例の医獣祭にてお待ちしております。
宜しくお願い致します。

それでは、お届けした写真の一部を掲載いたします。

9月22日(日)の譲渡会結果報告

9月22日(日)の譲渡会には、いつもながらたくさんの方がお越し下さいました。
本当にありがとうございました。

IMG_9964

今回は台風の影響で予定していた沖縄からの便が飛ばず、急遽譲渡会当日の早朝のパケボラさんを募るのに、フェイスブックで大拡散されていたようです。

https://twitter.com/8moucho8/status/1175029529607196672?s=06

ごめんなさい。フェイスブックをやっていないので(パスワード忘れて入れない)
全然知らずのほほんとしていまして。

それでも皆様のご協力にて、無事に到着してスタンバイ完了しておりました。

IMG_9965

IMG_9966

IMG_9967

開始直後より1時間以内にみな多数のお申し込みを受け、はずれる方をたくさん出さない為に途中休憩タイムで引っ込む形となりました。
頑張って東京に来て良かったですね。

また、時々ありますが遠方の地より、突然の子猫持ち込みもございました。

IMG_9968

同じ関東なら、何とか地元のボランティアさんにお願いするところですが、小さすぎ!
低血糖になる前に処置しなければならず引き受けました。

今回は一年前の里親さん達が2匹目として来られたり、これまではずれた方々の再チャレンジの方々も多く、楽しい時間となりました。

そして・・・
最後の最後にこられたご家族!
覚醒御一家

アニマルコミュニケーターとはいえ生まれつきの方

お互いに目を見て確認・・

こちらの譲渡会にいらっしゃる方々が、一体どこから来るのか

見破った方は初めてだと認識致しました。

今回は三鷹、練馬、世田谷、沖縄の15匹全てにお申し込みをいただき、ありがとうございました。

次回は10月6日(日)カフェハンモックを予定しております。宜しくお願い致します。

それでは、お届けした写真の一部を掲載いたします。
(さらに…)

9月1日(日)の譲渡会結果報告

9月1日の譲渡会では、また最後まで来場者が途絶える事なくいらしてくださり、誠にありがとうございました。

IMG_9753

おかげさまで、待機猫含めて20匹中18匹が決定となりました。
お届け予定がゆっくりとなっております中、次回の参加子猫がスタンバイしております。

毎回、沖縄の子達の他、時々奄美大島の子も参加してきておりますが、今回は犬も幸せつかみました。

港をさ迷っていた犬がセンターに連れて行かれてしまったー。どうしよーあと2日の命なんだけど!と泣き声に近い焦った連絡をもらいました。

IMG_9754

とにかく、まずは引き出して!と頼みかなりすったもんだして途中殺される期限が少し伸ばされた中、この写真一枚を使い、必死に里親募集をしました。少しデコりまして。

IMG_9755

あと二日間で殺されるのにこの笑顔!と。

すると、その笑顔、私達家族に守らせてください。一生大切にしますから。お願いします。お願いします。という方がすぐに現れまして、瞬く間に笑顔のまま羽田に到着。

IMG_9756

ここに到着するまでには、沖縄の犬のボランティア団体さん、ゆいまーるさんにお世話になり、港の皆様、名残惜しく涙を流されたかと思います。
当初こちらでこの子の写真を見た方の感想は、こういう野犬あちこちの田舎の山にたくさんいるよー、里親探しなんて難しいと思うよという当たり前の感想をいただきましたが、もっともだとは思いました。

でもすぐに見つかってしまったよー。

さあ行こう!

IMG_9757

待っている人がいる

IMG_9758

笑ったままでいてね

IMG_9759

あなたを今か今かと待っている人がいるんだよ!

IMG_9760

IMG_9761

到着。
先住ワンちゃん2匹とご挨拶
みんなが抱きしめてくれた。

本当に良かった。
名前はクロ。
フィラリアでした。
これから小さなお薬を毎月飲んで、まずは小虫からとってゆこう。

そして今は毎日の楽しいお散歩。
いつも一番に玄関で待っているそうです。

IMG_9762

IMG_9763

IMG_9764

今回里親に名乗りをあげてくださったのは、石垣島出身の神奈川県のご家族でした。

こんなに可愛い子があと2日で殺されるなんて耐えきれない!との気持ち。

この先いろいろご協力くださるようですし、今回のように受け入れてが決まれば、まだまだ救う事はできます。

ですのでみなさん、昭和の時代によく見かけた雑種の犬。
かわいいですよ。
1匹救いたいという方、ご連絡お待ちしております。

そしてつい先日、外来猫問題研究会のシンポジウムにかなり遅れて参加致しました。

https://invasivecatresearchjapan.blogspot.com/?m=1

間接的に何度か関わってきたヤンバルの長嶺先生と少しお話させていただきました。

腹をくくって地域猫をやれば、2年くらいで結果が出るというお話を、まさか竹富島から発信されるとは、顔から火がでる程恥ずかしい思いをしなければ嘘です。我々関東で、いつまでたっても結果が出ない地域猫セミナーなるものを、毎年の催し物か、夏祭りのようにこなして結果で
ず!の地域がわんさかとあるのは本当に問題だと思います。
そもそもその地域のボランティアが、地域猫というものに本気で取り組むつもりがあるのか。
あるのだとしたら、その時は地域住民全てが主役であり、ボランティアの存在など、自己アピールしている場合ではないのだとわかっているのか。等々。
注目を浴びたいのなら、何かご自分の才能を使い得意分野で頑張った方がいいのは、当たり前の事だと普通は思います。
とにかく一般のボランティアを講師に呼ぶなら、当然のごとくそのボランティアの地元が、住民主体の地域猫活動が隅々まで行き渡っているのかの確認が必要です。そうであるなら、本当にどのようにそうできたのか教えをこうべき、素晴らしき先生であるはずです。
嫌な事、苦しい事から逃げずにどのような解決をしてきたのかをよく聞くべきだと思います。
わたしの知る限りにおいて、東京23区では、台東区、世田谷区、墨田区、特別区です
が千代田区。そして多摩では国立。このあたりかと認識しています。
愛護のムーブメントにより、普通は感情の触れ幅の大きい愛護活動に一般としては、心が揺さぶられますが、本当に早く助けたい!も含めて解決される近道は、全住民参加型の地域猫活動がベースになければならなかったと思っています。

もし、10年前に腹のくくった地域猫のボランティアが奄美大島の住民の方と接触していれば、こんな事になっていなかったのではないかと、とても残念に思います。

地域猫は失敗だった!と簡単に言えてしまうのは、なぜですかね。
やるべき時期に本来の地域猫を理解していなかった、その変形型をやってしまって時だけが過ぎた土地には、ペンペン草もはえなくなってしまう。なぜなら其の土地に同じ人間が住んでいて、失敗の片棒を担がせて共に年をとってしまうからです。やり直そうたって、一度記憶喪失になるしかないではないですか。
ですから、最初の認識が歪むと、あとからの軌道修正は難しいものなのだと思います。

このように譲渡会ばかりやっている私が言うのは、かなり奇妙だと思う方がきっとおられる事でしょうが、今回はこんなところです。

それでは、お届けした写真の一部を掲載いたします。
(さらに…)

8月3日(日)の譲渡会結果報告

8月3日の譲渡会は、夏休みに入りいつもより来場者は少なめでした。

今回は数日前にアメリカ大使館からお電話があり、猫をもらいにゆきますとの事でしたので、何事か!と身構えておりました。
そしてかわいいお子さん達と共にわぁーと入って来られました。

IMG_9490

とても悩んだあげく、日本的な三毛猫の姉妹を選ばれました。

IMG_9491
このはなさくや三毛

IMG_9492
いわなが三毛

という名前で募集をかけていました。二人一緒に貰うと、この世の美と長寿が手に入り安泰ですよという感じです。
ありがたい事に、スタッフもハンモックカフェの皆さんも、ネイティブな英語が話せる方ばかりで、大変助かりました。

そしてお届けの日。
IMG_9493

IMG_9494

IMG_9495

こんなに喜びを現した笑顔をお見せできなくて残念ですが、こちらも大変嬉しく思っております。
猫が欲しくて欲しくて、アメリカ大使館としてあちこち調べた末、うちにいらしてくださりありがとうございました。末永く2匹を宜しくお願い致します。

そして今回はもう一つ変わった話題がありました。

練馬で保護された子猫が、ヘミングウェイキャットであった事。
文豪ヘミングウェイがこよなく愛したという猫とは・・

多指の猫です。

https://nekopedia.jp/polydactyly/

とりあえず縁起物としましょうと、熊手猫として募集いたしました。

IMG_9496

こんな感じです。

多指の猫は日本にはほとんどいないとの事ですが、練馬にいましたね。

かわいい顔したお嬢さんが、何気なく足を伸ばすと、ウワッ!ジャイアント馬場のような足の裏だ!という衝撃ですが、この子も指の数に関係なく、あっさり決まりました。ありがとうございました。

ハンモックカフェは楽しいお店です。毎回カレーを食べてしまいます。美味しいですよ。是非いらしてくださいね。

おかげさまで、18匹中15匹が決まりました。
奄美大島のノネコ君も優しい方に決まりました。良かったですね。
今回初めて来られた方で早くから並んでいたのに、外れたとお怒りの方がいらっしゃいましたが、なかなかうまくご希望通りに行かない場合も多くあります。申し訳ございません。
あくまで譲渡会とは、活動の中の一部分ですので、ご理解をお願い致します。

それでは、お届けした写真の一部を掲載いたします。
IMG_9555

IMG_9556

IMG_9557

次回は9月1日を予定しております。

7月14日(日)の譲渡会結果報告

新宿御苑前動物病院で行われた譲渡会では、またたくさんの皆様がお越しくださいました。ありがとうございました。
三鷹・練馬・沖縄の猫16匹全て決まりました。

最近の譲渡会の傾向として、毎回獣医さんがご自分の猫をと決めてくださるのに加えて、様々な地域からの猫ボランティアさんが実はお忍びでもらいに来て下さっているのが、昔はなかった事だと思います。
それぞれの地域で地域猫活動が進み、もう何年も子猫は産まれなくなっているとの事。
自分の家族として、最後の猫として大切にしますとの事です。
私も早くそのような立場になりたいものです。

IMG_9300

IMG_9299

猫のボランティアとは、特に保護譲渡をしている最中のボランティアとは、様々なご家庭に猫をお届けに出向きます。
その活動のなかで時に普段全く縁のない大豪邸の玄関の扉をあけていただき絶句する事もかなりあります。

地獄と天国の往復にはなれていますが、帰り道しみじみと思う事があります。

あの汚い工業地帯でとった子猫が・・・
私より数段立派なベッドでねている。
あの溝にはまって死にかけていた猫が、あんな豪邸の家族になってしまった!

なんだこれは!

IMG_9301

IMG_9302

私が逆立ちしようが、バック転決めようが白井3を決めようが、あんな家に住む事はないなと。
猫のボランティアは時々頭がグラグラします。
そうは言っても、私は古いアパートも大好きです。
最近よくあるペット可物件の新築よりも、昔ながらのキッチン、四畳半、六畳の木造で、日当たりも良くきちんと部屋が整えられて飼い主さんが愛情豊かならば、それは大きな宇宙です。猫にとってのパラダイスだと思います。

それでは既にお届けした写真の一部を掲載いたします。

IMG_9303

IMG_9310

IMG_9309

IMG_9304 IMG_9311

IMG_9307 IMG_9306

IMG_9305 IMG_9312

IMG_9308

次回は8月3日(日)ハンモックカフェで予定しております。宜しくお願い致します。

6月29日(土)の譲渡会結果報告

6月29日(土)の譲渡会は、はじめての土曜日開催でしたが、とても多くの皆さまがいらしてくださいました。

IMG_9141

ご家族連れの方は、テントでキャンプ体験!
なんて面白い場所なの?と大喜びでした。

IMG_9144

IMG_9143

IMG_9142

少し前の譲渡会あたりから、いろいろ変化ありまして、ハズレた人もハズレたままではいない!
次に向けての進化を遂げられ、こちらが逆にそれにこたえる形となりつつありました。

ですので、今回参加猫21匹ですが、決まったのは35匹となりました。

先取りというのですか。

お陰さまで保護活動も、2ヶ月くらい早く進みます。
また、5才以上の猫はいないかな、とかエイズの猫を貰いにきたのにいないかーとなって参りましたので、もちろんいくらでも仲間うちから出せます。
本当にありがたいお話ですが、しばしお待ちください。

次回は7月14日(日)新宿御苑前りあん動物病院にて行います。
宜しくお願い致します。

それでは既にお届けした写真の一部を掲載いたします。

IMG_9147

IMG_9146

IMG_9145

IMG_9148 IMG_9152

IMG_9149

IMG_9150 IMG_9151

IMG_9153

IMG_9157

IMG_9159

IMG_9160

最後の女性は仮面女子の女優さんで、下半身不随になった話題の人でした。

6月2日(日)の譲渡会結果報告

緊急な相談事がたて込み、ホームページのアップがおくれてしまい、申し訳ございませんでした。

6月2日の譲渡会は、開始前から
4C49C1F8-9AD1-4666-A19E-381377BE7AB1

終了間際まで
38BB8B1C-F7ED-4420-A845-A3B03A8617B3

並んでくださる列がとぎれませんでした。
時間内に全ての方を入れられない場合、どうしようかとあせりました。

おかげさまで、三鷹、沖縄、奄美大島、茨城の猫23匹全てにお声がかかり、お届けをしている最中です。小さな子は引き渡しまでに、お時間をいただいております。今しばらくお待ち下さい。
今回もたくさんの方がはずれてしまわれましたが、繰り上げのきらぼし制度により、次回最大優先させていただきます。今回決まった方々も、前回もいらしていた方々でした。
今現在TNR活動の中、とてもたくさんの子猫が出番待ちをしております。また子猫だけ保護しているわけではなく、必ず親猫の手術、その土地の皆さまとの認識の共有などが大切ですので、とても時間がかかります。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

奄美大島の件では涙を流しながら長い行列に耐えていた方、熱い想いを胸に少しづつ進む階段を登ってこられた方がおられました。

本当にありがとうございました。

今回のテーマソング

クリスタルキングの大都会

裏切りの言葉に~♪→ノネコうざいあいつら殺処分だな!

故郷を離れわずかな望みを~♪→殺されたくない東京に行って
譲渡会に出てみる

ああ~いつの日か~大空かけーめぐるー♪

私には猫の気持ちを歌っているようにしかきこえません!

空つながりでこの曲

原曲にあった2番のこの歌詞は、何故か今は削除されています。
何故かしら。

いま~富とかー名誉ならばーいらないからー翼が欲しい♪

富と名誉は蜜の味

墓場まで持ってゆき隠したい何かではなく、墓に入る寸前まで何か自慢したい人が多いのかもしれません。

様々な立ち振舞いやアピール文章を見るにつけ、特に生き物を扱う活動者の中に、そのようなものを秘めているというか、丸出しというか、承認欲求の強さがにじみ出ているのを受け取り読むのが無理な方も少なからず。

今この1匹を救い誰かに譲渡したところで、今さらなんの自慢にもならないという戒めの中で常にいます。

何故なら、あの子にも、あの子にも申し開きができませんから。
既に昭和の時代からここに至るまで、戦争もないのに純粋な眼をしてこちらを見つめていた、たくさんの犬猫をあの箱に送りつけて殺してきたのですから。

その間多くの人は何をしてきたのかと言えば、今と変わりなくあー次はあれを買いたい、あそこに行きたい、そんな私らの事を一緒に生きているつもりで、キラキラした目で見つめてい
てくれた。確かにいた。

そんな時でもずっと長く彼らをあの箱に送りつけ、ドアを閉じてきてしまった。

どんなにか驚き恐怖し、悲しみの断末魔のなか逝かされてきたのか。
ですので、今のこの活動に胸をはれるなんて事にはならないと。死んだ者たちの前ではとても無理です。

そして今ここ
この時代に
ノネコ殺処分かまわないよねーとかまあ
どちら様ですか。

何年も前からここに繋がる怪しげなシンポジウムを開きに東京に来ていました。学生を連れて。
環境省がガードする形で。こういった事を数回開き、お墨付きを貰えた、一定数の理解を得たとでもお考えですかね。

黒うさぎは減っていない。
やっきになって捕獲する猫は、人になれているサクラ猫だったり。

立派な肩書きを持つ先生方は、何故公開の議論を提案しても、返答なく逃げてしまったままなのですかね。

定期的に発生する猫虐待者と本質的にどこが違うのか、大変興味ありますよ。

とにかく殺すのだ!
5億円の予算だし!

という声がこだまする、

権力の行使で一番の使った感とは

それは弱い者、清き者への手間のかかる手助けには使われず

いつでも俺様の使った感には 殺 がエクスタシーと共に受け取れるものなのか

違いますか

小さな俺様の権力
虐待者と変わりませんよね。久々に興奮した!と言
っているではないですか。

ですがそんなあなたも私も、現在ソフトキリングされていて、医療、食、環境の面で。
それは構わないのでしょうか。

そんなこんなで、突拍子もない夢想をしてみれば、

そろそろ動物達には羽がはえて、飛びさってくれてもいい頃ではないですか。
私達を捨てて、逃げて逃げて2度と戻らないでほしいですよ。

話が長くなりました。

それではお届けの一部の写真をご紹介いたします。

IMG_8976

IMG_8977

IMG_8978

IMG_8979

IMG_8980

IMG_8981

IMG_8975

IMG_9027

IMG_9026

次回は6月29日(土)、三鷹駅前ハンモックカフェを予定しております。