しあわせ便り

さび猫母さんと五匹の子猫たち

昨年の4月にUR賃貸さんからホームページに来られたご依頼でした。

人の住んでいない部屋の押し入れで、猫が五匹の子猫を生んでいました。何としても無事に助けて欲しい!
ガスメーターの穴から出入りしていたようで、その穴を塞いでしまったところでした。
もしかして中に猫がいるかもしれないと言う事で見てみたら、押し入れで五匹の猫を産んだばかりだったんでした。

あのままでしたら逃げ道もなく、みんな死んでしまうところでした。

この場合はとにかくその日に親子ごと保護してしまいまして、里親探しを致しました。

ご紹介致します。

NEC_0373

 

一匹目

まずはネットで一番人気だったシャム系の女の子。空ちゃんという名前になりました。三鷹市の牟礼のお宅にお届けしましたら、玄関に立派なトラ猫さんのリクくんがお出迎えしてくれました。
素敵な洋館のようなお宅でお嬢様猫になりました。メールをご紹介致します。
おはようございます♪
先日、仔猫を譲渡して頂いた三鷹市牟礼の里親です。
可愛い猫ちゃんに家族全員メロメロですが、とりわけお兄ちゃんニャンコのリクがずっとそばにくっついていて大変です^^;
そらと名づけた子猫ちゃんは少しずつ行動半径も広がり、2階にも行けるようになりました。常にリクが見守っていますが。ごはんもよく食べてよく遊んでとても元気にしています。
何枚か写真送ります(=^ェ^=)
!cid_02@130104!cid_01@130104!cid_03@130104

 

こんばんは!
ご無沙汰してしまってすみません。
そらは元気に育ち、お兄ちゃんのリクと毎日アジを食べるのが楽しみです(=^x^=) 10月に避妊手術も受けました。
!cid_01@130103!cid_02@130103!cid_03@130103
二匹目
前にニコちゃんというチャトラの女の子をもらって下さった里親のIさんからメールをいただいた時に、今子猫がたくさんいて大変よ!というお話をしたら、車でピューと見に来られました。
その時にもう一匹女の子を欲しいという事でしたが、弱々しい黒猫の男の子を見て、何て可愛いの!となり他で保護した三毛の子猫と一緒に、お預けしたんでした。その日からの写真です。
ご家族でとっても可愛がってくださっております。
それではメールをご紹介いたします。
ニコと男の子が遊び出しました。
今ゲージから出て私にべったりしています
主人も気にいったみたいだし
このままうちの子にしてもいいですか?気になるのは目の治療です
ニコの目薬はありますが勝手につけちゃまずいですよね…獣医さんも教えて欲しいし近々またお邪魔してもいいかしら?
DVC00002←左側のアーシャちゃんは以前里親募集していた上連雀でごみとして捨てられていた3匹のうちの一匹です。

おはようございます
ふたりで遊びながら部屋を探索中です
おしっこはしたのですがまだウンチが出ずおなかとお尻マッサージしてます
早くウンチ出てくれないかなぁ
牧野さんのおっしゃる通り…自然界では生き残れずにいた子だと私も感じました…マイ(=^・^=)もそうでしたが生きる為に人間に頼る事が最善だと感じているのかもしれません
とにかく私にまとわりついてグルグル喉をならしています
さっきまで遊んでいましたが今はふたりで片寄せあって休んでいます目が見えないとしてもちゃんと可愛がり育てる意思はあります
その事も子供達も理解し家族として育てます
DVC00003

おはようございます
今朝、ふたり並んでウンチ(普通便)しました
(^_^)ひと安心です
部屋の中を元気に走りまわって遊んで空気清浄機の上でひと休みしている所です
ニコをからかって鬼ごっこする余裕も出て来て
癒されてます
DVC00005

おはようございます
少しずつ我が家になれて来たようです
気ままに遊んで日なたぼっこして
DVC00006

こんにちは
ジジもアーシャも食べておりこうさんにトイレでおしっこ&ウンチをします
アーシャはレースのカーテンと編み戸登りに燃えています。ニコと追いかけっこしてもたんすのかげに素早く逃げ込みセーフ、逆にニコの方がドスンとたんすに衝突してしまう有様。
まるでアニメのトムとジェリーの様です(笑)
ジジは甘えっ子で私の肩の上で寝るのが大好きみたい。
昨日のメールでご心配したらすみません便もちゃんとしているし食欲もあります。
DVC00008

おはようございます
子供達のお弁当が気になるようでテーブルの上から離れない三匹。
朝ごはん食べた後なんだけどなぁ。
DVC00010
当たり前におなかいっぱいになったら主人のひざの上で抱き合って寝てますzzz
DVC00011
なかなか三匹は一緒には撮れなくてつめとぎ柱を上り下りするちびっ子を見ているニコです。
三匹目
五匹の子猫の中でも母譲りのさび柄で一番元気でした。
杉並のデザイナーさんのカップルがもらって下さいました。
先住の猫さんには、立派なトラ猫さんがおりました。りりーちゃん、大きくなりましたね。
__
お気に入りのオモチャ
いっつもこれで遊んでいます。
2
四匹目
目がブルーの白猫さんは、ものすごい雷の日に、おへそを取られてしまったのか、お腹出して仰向けに寝ていた時に、雷さん来ているから危ないよ!と言いましたら、その日に腸がボコッと出てしまいました。ヘルニアというやつです。その時には既に貰い手先は決まっておりました。保護宅からご近所の方で、おばあちゃまがとにかく猫を飼いたくて飼いたくて、市の講習も受けに行ったけれど、結局年齢の問題で猫を譲ってもらえなかったというお話でした。近くの動物病院でたまたまそのおばあちゃんのお話を聞いて、連絡をとりうちに見に来ていただきました。その時子猫を見て嬉しそうな事といったらありませんでした。
とても長い時間子猫達に見とれておられました。子猫が母猫のおっぱいを飲んでいる光景は、見に来られた方々皆さんなんとも幸せそうなお顔をしていらっしゃいました。
そのおばあちゃまはあーいいもんだねぇ、とおっしゃってそれから引き渡しの時まで、数回見に来られました。
お一人暮らしではなく、お子さんとお孫さんもみんなでおばあちゃんに猫を!と探しておられたのですから、もちろんお渡し出来ます。みんなでみるんですから。それで上連雀で保護したもう一匹と二匹もらって下さいました。
Image082Image083←チロちゃんも以前上連雀でごみとして捨てられていた3匹のうちの一匹です。
小さい時からずっと一緒なので、とても仲良しです。チロは穏やかな性格で、茶色のちびはやんちゃな性格です。チロは目が青い洋猫っぽい猫ですが鼻の周りが茶色っぽくて泥棒みたい。今日は寝てばかりいるので、うまく撮れなくて残念。二匹ともとても元気です。
五匹目
では最後に黒トラの女の子とお母さんは一緒にもらって下さいました。こんないい事はありませんね。お母さん猫リリースしないですむなんて、本当に嬉しい事でした。
とにかくガリガリに痩せていたお母さんでしたから。触ると骨だけでしたから。これでどうやって五匹の子猫を養うつもりだったんでしょうか。子猫もみんなカスカスでしたよ。とにかく皆育ちきったのは、見守って待っていた方々の想いの賜物であったと今にして実感致します。このさび猫母さんはひじきという名前になり、黒トラの女の子はアナメちゃんです。
一番遠くに行きました。千葉県の富津です。新築の豪邸でした。
先住猫のクッシー君は北海道のキャンブ場に捨てられていたらしき猫だそうです。そのまま富津まではるばるきて、ゆったり暮らしていたところに子連れ猫が嫁入りみたいになりました。飛び魚もらっているんですって。さすが海辺の町ですね。牟礼で食うや食わずの日々からまあ何という変化でしょうか!
IMG_2903
牧野様
富津のKです。先日は、ありがとうございました。土曜日に二匹を連れて帰ってから、しばらく部屋で落ち着いてもらいましたが、火曜日に先住猫と対面させました。かなりドキドキでしたが、喧嘩にはなりませんでした。それ以来、もう隔離はせず好きに家中を歩かせています。2匹ともアジだけでなく、お魚はなんでも大好きなようです。昨日は夕食用に買ってきたトビウオも喜んで食べていました!!昨日撮影した写真ですが、仲良く?窓の外を眺めています。引続き折りを見てご報告させていただきたいと思います。失礼しました。
IMG_3002
牧野様
富津のKです。こんばんは。3週間目に入りましたが、もうほとんど違和感なく暮らしてくれているようです。母猫の「ひじき」が食事の支度をするたびに、にじり寄ってきて「熱い」視線を私たちに向けるのだけは当惑しますが。とにかく、旺盛な食欲です。食事タイムの時だけは、少しでも自分の「おいしいものゲット率」を高めたいのか先住猫のクッシーに頭突きをくらわせて私たちに近づくのを阻止しようとしています・・・。
他の時はほんとに穏やかなんですが。くっしーはひじきが子猫の「あらめ」と遊んであげているのを勉強したせいか、よく二人?で遊んでいます。写真は、わざわざくっしーがテーブルの上に来て尻尾を垂らしてちょっかいを出しているときのものです。こういう姿を見ると2匹頂いてよかったなと思っています。
失礼しました。
  以上五匹の里親さんからのお便りでした。
後日談
秋になってまた牟礼の同じ場所からご依頼がありましたよ。
行ってみましたら、若いご夫婦があのさび猫一族の親戚筋の猫をたーくさん保護しておられまして、びっくりしました。
数年前からの猫の家系図をダララと見せて下さり、春の五匹の叔父叔母、姪っこ甥っこ全て把握されておりました。そして全て里親をつけて完了されました。
お疲れ様でした。
なんでこんな事ができたのか、それは………。猫を可愛がったからの一言に尽きます。疎ましくして虐めたら、人に慣れず繁殖を繰り返し、大変な数になっていたんでしょうね。
それにしても、本当によくやって下さいました。
感激いたしました。

 

ジャックさんとクレオくん

以前に幸せ便りでご紹介しました、ジャックさんとクレオくんの里親さんからのお便りです。

新たな兄弟、3番目の弟分(人間)がご誕生されたお知らせがありました。
10月30日生まれでした。おめでとうございます。

2013010215530000

クレオくんが見つめておりますね!
そしてクリスマスには、サンタ赤ちゃんが猫のプレゼントを配っています。

2013010215560000

一昨年の春、三鷹北野の野良猫をもらって下さいました。
イケメンと美人さんのカップルが尋ねて来られまして、クレオくんをもらって下さいました。

それから赤ちゃんができましたので、秋田へ帰りますと知らせてくださいましたが、あちらに思うようなお仕事が見付からなかったようで、また世田谷に戻って来られました。

しっかり者の若いお母さん!

小さな出会いだと思っていたかもしれません。

猫をもらってくれてありがとう!

………。

そんな事より、この心優しい若い若いお母さんに、この先たくさんの幸が訪れますようにと、願わずにはいられません。

2013010215570000

ジャックさんとクレオくんがきっと守るから、大丈夫ですね。

新年あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます。
旧年中は三鷹市内外の皆様に、言葉に尽くせぬほどのご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

121230_141413

新しい年のはじまりを昨年一年の里親さんからのお便り、幸せ便りのコーナーから始めさせて頂きます。
写真とメールのできる里親さんに限られますので、全体の中のごく一部ではありますが、どうぞ人の手を通して激変してゆく、野良猫の運命をご覧ください!

2013010202270000←リハウスちゃん

まずは昨年11月の譲渡会にて多くの方々の涙を誘ったリハウスちゃん。物語はある大手不動産屋さんの社員さんから、問い合わせコーナーにご連絡がありました。
一軒家を売られた方が飼っていた猫を連れて行けなかったそうでこの猫さんが玄関前でいつも泣いていると。そこに新しくその家を買われてリハウスして来られた家主さんも、玄関を開けるとこの猫が当り前のように入ってこようとするので困ってしまっているとのお話。
この話からこの猫通称リハウスちゃんの里親探しが始まりました。
とはいえ、このリハウスちゃん獣医さんで健康診断をしてもらうと、歯は一本も残ってなく、年齢は確実に10歳は越えているようで、エイズでもありました。
お腹には遥か昔に不妊手術を受けた傷あとを確認できましたので、手術をしないですみました。
このリハウスちゃん、なんで自分の暮らしてきたお家から締め出されたのかわからず、お腹をすかせて数ヶ月玄関前で泣いていたんですね。
譲渡会では里親さんに巡りあえませんでした。しかししばらくしてポスターから問い合わせがあり可愛い子猫を選ばずに、このリハウスちゃんにすると決めてくださる方が現れました。

その里親さんよりこの写真と共に新年のメールが届きました。

(=^・^=)ニャモより新年のご挨拶を申し上げます(=^・^=)
新玉の
年を新居に
迎へけり
去りにし人の
思ひ出胸に
ニャモ

リハウスちゃんをもらって下さったのは、日本人なら誰でも聞き覚えのあるお名前、武者小路さんでした。ご本人様の了解を頂きお名前とお写真を掲載しております。あの武者小路実篤さんのお孫さんで、武者小路リハウスちゃんと呼んでおりましたが、1ヶ月ほど経ってようやく慣れてきたようで、そうなる頃にはピンとくる名前も自然についてくるのでしょうね!
ニャモちゃんになってからクリスマスにメールを頂きました。ご紹介致します。

untitled

メリークリスマスご無沙汰しています。
実はニャモがかなりの甘えん坊であることが判りました。
始めの頃はこちらの顔を見ると自分の部屋に戻っていたけど、この頃は私の顔を見ると呼んでくれないかなといつた様子で、「オイデ!」と言うとすぐに膝の上に乗って甘えてきます。重いので足が痺れますがこれまで寂しい思いをしていたと思うとついがまんしています。

武者小路さんのお宅に依頼人の不動産屋さんの社員さんと一緒に伺いまして、歴代の可愛がっていらした犬や猫の写真を見せて頂きまして、その子がどんな性格であったか、手や足の悪い犬や猫さん達が体が不自由なだけであり、その生命がどれほど輝いていたか、たくさんのお話を聞かせて下さいました。
ありがとうございました。
ニャモちゃん、長生きして下さい。
みたか123一同より。

米ちゃん

下連雀で保護しました。
名前は米(よね)ちゃんです。
デザイナーさんのお宅に里子に行きました。

さすが写真がゴージャスですね!

よねちゃん、すっかりモデルさんデビューですね!
みたか123みたか123みたか123

うにちゃんの幸せ報告

昨年の春に家族に迎えられ、夏にいただいたメールです。
掲載が遅くなり申し訳みたか123みたか123ございませんでした。
=============================================
こんにちは。
暑さが厳しくなりましたが如何お過ごしでしょうか?
わが家では仔猫ちゃんを迎え、新鮮な気持ちで夏を過ごしております。
猫ちゃんですが、『うに』で確定しました!
うにちゃんはとても甘えん坊でお手洗いに行くにもついてきます。
すっかり馴染んで安心しきった様子でいつもお腹に乗って寝てしまいます。
活発で家の端から端をダッシュしたりカーテンでロッククライミング(?)をしたりしています。
トイレもすぐに覚え、餌もきちんと食べます。たまに食べ過ぎます。
少しですが、写真を送ります。

=============================================

うにちゃん、よかったね!!!

居酒屋の姫ちゃん

みたか123姫ちゃんです。
ミーちゃんと姉妹で同じ場所で保護しました。

上連雀のとあるアパートから3年に渡り子猫が出てきた場所です。
餌だけを与えて不妊手術の理解は得られませんでしたので、外に出てきた所で一匹づつ保護して3年半かかりました。

姫ちゃんは大人の猫にまざって、ほんの少しの餌を食べられるのが関の山という日々でした。
小さな魚の餌にガルルと狼のようにかぶり付き生き延びました。

ようやく保護してみると、とても真面目な性格で、慣れても「猫じゃらしなどやめて下さい!」という感じの子猫さんでした。

今は埼玉県の居酒屋さんに里子に行きました。
時々お店に出ているようですが、いまだにいたって真面目、緊張してお客さんの相手をしているそうです。

でも姫ちゃん、居酒屋さんならではの新鮮なお刺身毎日だってね。
もう狼のようにうならなくていいね。

野良猫ミーちゃん

ミーちゃんです。
一度八王子にもらわれましたが、
即日逃げてしまい、
捕獲器を持って数ヶ月八王子まで通いました。

皆様のご協力のおかげでようやく保護して、
小平市の新しい里親さんのもとへ行きました。

ミーちゃんは根っからの野良猫魂を受け継いでいるようで、
いまだに1メートル位までしか飼い主さんのそばに寄らないようです。

それでもミーちゃんはさ、誰もご飯をくれない場所にいたからね。
おうちに入ってよかったと思うよ。
どうかなミーちゃん。みたか123

その後のニコちゃん

先住猫のマイちゃんが二十歳の誕生日前に亡くなったそうです。
大往生の猫ばあ様でした。
そしてニコちゃんは少しお姉さんになってニコルさんになりました。
炊飯器大好きです。
可愛いねニコルさん。
みたか123

たくさんの猫が

こんなにたくさんの猫たちが、里親さんの下へもらわれていきました。
みんな、幸せに暮らしてね!

みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123みたか123

ミミちゃんはもう迷いませんね

ミミちゃんという名前をもらって、
先住猫さんともちゃっかり仲良しになりました。

なんと、巡査部長のお宅へもらわれました。
今回は部長じきじきに自分だけの三毛猫をお探しでした。

ミミちゃん、よかったね。
迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたのおうちはここですよ。
みたか123