お知らせ

第20回みたか市民活動NPOフォーラム参加

会期:2021年9月18日〜9月26日
会場:三鷹市市民協働センター

みたか123はWEB展示で参加しています。
宜しくお願い致します。

第20回みたか市民活動・NPOフォーラム

緊急のご支援をお願い致します。

年末に差し掛かりコロナも猛威をふるう中、大変恐縮でありますが、お気持ちのある方活動のご支援をお願いしたく掲載いたします。

TNR活動の最中に頚椎脱臼の子猫を保護致しました。
レントゲンを見る限り普通なら即死しているとお医者様なら誰しも判断されるようですが、この子ピノ君は強気を保ち頑張っておりました。

それで首の固定をしながら様子を見ていましたが、根本的に解決するには手術しかないという事で決断致しました。

とはいえ、高度医療の病院でも前代未聞の手術で、ここまで酷いのはやった事ないと。
なぜなら普通亡くなっているからとの事。
麻酔から覚める確率も低く、術後自力の呼吸ができるかも確率低い。
しかし、入院中のピノ君の気丈さが先生方の気持ちを動かし、何としても助けてあげたい!となり、手術にふみきりる形となりました。

費用は手術の部分だけでも100万円だとのお話。
後先考えずにお願い致しますと言ってしまいました。
がんばっお金をかき集めますが、その後の活動費がなくなります。

手術当日、何人もの方とそれぞれの神に祈り、どうか目を覚まして、どうか、どうかと6時間祈り続けてついにドアが開きました。

笑顔の先生が出てらして、無事に終わったと。

こんなに嬉しかった事もありません。

皆さま本当にありがとうございます。

いまだ入院中でありますが、支払いも迫っております。

大変申し訳ありません。
少しでもお力をいただけますと、助かります。

郵便為替
00180-3-663360

他行から

ゆうちょ銀行
店番 019
当座預金 0663360
口座名義 ミタカワンツースリー

宜しくお願い致します。

先日お問い合わせフォームにご連絡下さいましたH様へ

先日お問い合わせフォームにご連絡下さいましたH様。
電話番号が一桁足りませんので、もう一度入れなおして下さいますか。宜しくお願い致します。

コロナウィルス関連で残されたペットに朗報

これまでたくさんの猫をとても素敵な方々へ譲渡させていただいてきましたが、コロナウィルス蔓延によりこの先のペットの未来について、どうしましょーと早い段階からアニコムさんへご相談して参りました。
飼い主さんがコロナウィルスで入院した場合、これまでのように面倒みれない、或いは飼い主さんが亡くなってしまい、ご家族も入院している等のケースが考えられると思いました。

その様な様々な内容をご相談して間もなく、本当に間もなく素晴らしいプロジェクトを立ち上げててくださいました。

コロナ感染者のペットを無償でお預かりする「#StayAnicom」プロジェクトを始動!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000028421.html

タイムリーな事案をすぐに形に出来るのは、アニコムホールディングスさんの社風です。若い社員、現場の社員を信頼して常に意見を最短でトップにつなぐ!形にする!という事が実現出来ています。

これまでも手厚く様々な支援を受けて参りましたが、今回のこのプロジェクトにはあまりに懐が深すぎて言葉が出なくなりました。
それでともかくも話をふった責任上、みたか123としてこのプロジェクトの譲渡の部門に関しまして、全身全霊にて関わる!とお約束いたしました。
それは一度預けた動物を迎えにこられない場合も相当あるだろうし、コロナ以前に元々多頭崩壊等は全国のボランティアさんの体力を奪ってきていますし、その線引きなくなりますよ!のこちらの指摘を飲み込んだ上での大丈夫です!との爽やかなお返事ですので、ではとにかく頑張りましょうとなっております。
あくまでもコロナ関連のプロジェクトですが、施設はこの先いくつも建てる準備があるとの事です。

そうは言ってもあなたの犬、猫は、最後まであなたといたいのです。
簡単に手放す、預けるなどしないでくださいね。

命が大事。
一番大事。

あー、これが日本政府がわた
したち日本人にしてくれる事だったらと、本当に残念でなりません。

この先の里親募集関連におきましてはこちらのサイトをご覧下さい。

https://hug-u.pet/linkInfo.php

うちのホームページのリンクにあります。この先の譲渡の姿として、コロナの感染を防ぎながらまた譲渡後の様子をより身近にやりとりできる様に、スカイプ等併用してゆける様に工夫をする予定になっております。

是非個人の方、団体の皆さま
ご利用なさってみてください。
宜しくお願い致します。

会員の皆さまへ

会員の皆さまへ

2020年2月より今年度の活動に入っております。
本来なら4月中に大会を開いていた予定ですが、皆さまご存知のようにコロナウィルス対策の為、当面あらゆる会合をする事ができません。
ですので、会員の皆さまには
お手紙を発送致します。
是非お読みになってください。宜しくお願い致します。

昨年よりようやく市長が変わり、新しい市長のトップダウンにより3月の議会を通過し、三鷹市が猫の問題に関わる事となりました。
どのように!との内容に関しましてはこれからの話し合いになります。
ひとまず5月より、兼ねてから要望してきました動物基金の申請を行政枠でとっていただける事にはなっております。
この4月5月は地域の皆さまとTNRを急いでおりますので、まだ耳カットされていない猫を見かけるよーという場合、いつでもご連絡ください。宜しくお願い致します。

3月の譲渡会開催について

毎月1回以上開催してきた譲渡会ですが、3月いっぱいはコロナウィルスの終息の状況を見守りますので、譲渡会としてのあり方をを変更させていただきます。

この春すぎ、例年以上に地域のTNRは倍即でやらねばならない事は言うまでもありませんが、世の中がどれほど混乱していても、子猫は何処かで必ず生まれてしまいます。

ですので保護された子は医療行為を終えた順に、個別お見合いに切り替える事に致します。

随時出しますので、どうぞ早目にご連絡をお願い致します。

それよりも、何よりも

みなさま、生き延びて下さい。

悪意のあるウィルスにより、今や我々が殺処分のターゲットのようです。

最愛の家族を胸に抱き、愛情をしっかりと伝えて、気をつけながら生き抜きましょう。

メンテナンスについてのお知らせ

現在、サーバ移転によるメンテナンス中につき10月以降に更新された一部記事が閲覧できない状態です。
お手数をおかけしますがもうしばらくお待ちください。

9月25日にお問い合わせのY様

9月25日にお問い合わせいただきましたY様
電話が正しくかからないようなので、もう一度入力してみてください。

下連雀のK様へ

下連雀のKさんからの依頼メールが数回きておりますが、何度返信してもメールが戻ってきてしまいます。
ホームページの問い合わせフォームに電話番号を書いて送信してください。

お問い合わせについて

様々なご相談が入ってきておりますが、電話番号がちゃんと入力されていない方が目立ちますので、折り返しかける事ができますせん。
通常ですとその日のうちにご連絡しておりますので、こちらからの連絡がないと思っておられる方は再度お問い合わせフォームに入力をお願い致します。