お知らせ

譲渡会にさまざまなサービスが加わりました

譲渡会に様々なサービスが加わりました。

いつもmitaka123の譲渡会に足を運んで下さり、誠にありがとうございます。

猫を迎えるにあたりロイヤルカナンジャパンさんが、フードのプレゼントに加え、サポートプログラムにより直接注文できる制度をやらせていただいております。

これに加え、株式会社ペティオさん、株式会社三ヶ日ガーデンさんからご提案をいただき、mitaka123の会員様、又は譲渡会から猫を迎えて下さる里親様に、新しく保護猫サポートプログラムを作っていただきました。

以下のリンクよりこのサポートプログラムに登録されますと、例えばスターターキット

3422E13F-1915-42AD-9888-E040962174AA

三日月ガーデン保護猫サポートサイト

から、犬猫用品の一生涯のお買い物を、とてもお得な金額にて購入する事ができます。
とても豊富な品揃えの中から、一つ一つ好みの商品を選択できます。

この制度は会員登録が必要です。希望の方は、mitaka123の紹介番号をお伝えいたしますので、譲渡会時又はホームページのお問い合わせフォームよりご連絡下さい。紹介番号がありますとお買い得に一生涯猫グッズが買うことができます。

宜しくお願い致します。

ホゴマートさんのバナーを貼りました

ホゴマートさんのバナーを貼りました。
こちらから買い物をされますと、売り上げの一部がみたか123への寄付になります。
これから扱う商品も増えるそうですので、猫砂など定期購入していただけたらと思います。
宜しくお願い申し上げます。

Print

みたか123 第7回大会

会員・サポーターの皆様へ

5月26日(土)13時から14時半 協働センターにて、
みたか123 第7回大会 を開催します。

開催場所詳細および資料は、郵送いたしますので、大会当日はご持参ください。

ペット保険とロイヤルカナンのサポートプログラムについて

ペット保険とロイヤルカナンのサポートプログラムについてお知らせ致します。

まずはこの度、ペット保険のアニコム損保の代理店になりました。
譲渡活動をして8年目になりますが、猫も10才を迎える頃には、何らかの疾患の兆候を見つける事もでてまいります。
最近ではペットの医療費も上がり、支払いを考えると怖くて充分な治療をさせてあげられなかったというような事では、後悔も残りますし、
こちらもせっかく保護した猫にできるだけ健やかに一生を全うしてもらいたいという願いがございます。
アニコム損保さんは、日本で初めにできたペット保険で、会社は100人以上の獣医師が在籍し、様々な症例も研究しているようです。
何より日本全国対応している病院が多いので、人間の保険のように保険証が発行され、窓口にて3割負担になるファミリープランは、いざという時に大変助かります。
ホームページにバナーを付けましたので、そこから入る事もできますし、ご希望であれば資料をお送りいたします。
7才11ヶ月まで入れますので、初期の頃の里親さん、ご覧になっておられましたら、ご検討ください。また猫に限らず犬、うさぎフェレットなどの飼い主様も加入できます。
ご不明な点または、もっと詳しく知りたい等、いつでもご連絡ください。

背景ブルー_テキスト3種

09077075070
みたか123

昨年から始めさせていただいております、ロイヤルカナンサポートプログラムについて

ロイヤルカナン社が猫お届けのバックアップをしています。

譲渡会にて決定された里親さんで、今後もロイヤルカナンをお得に直接注文できるロイヤルカナンサポートプログラムをやりたい!とご希望される方に、お届け時に可愛らしいお届けセットがプレゼントされます。
譲渡会にて山のように積んでありますので、ご覧になってください。
このプログラムをやるにあたり、無料ですからこれまでの里親さんでやりたい!という方もご連絡ください。
また、これらの事をやる、やらないという意思は譲渡選考に全く関係しておりませんので、安心して譲渡会にいらしてください。

引き続きみたか123を宜しくお願い申し上げます。

みたか123 第6回大会

会員・サポーターの皆様へ

4月23日(日)に、みたか123 第6回大会 を開催します。

開催場所および資料は、郵送しました。大会当日は、ご持参ください。

今年も宜しくお願い致します

1月10日より、離島のTNR活動に参加して参りました。
DSC_0487

1月2月は、今年養いきれない子猫を増やさない為のTNRをするギリギリの月です。
連続妊娠させてきた母猫の母体を守るためにもなり、オス猫の交通事故の件数も格段に減らせる事になります。
産ませてから殺処分と、元々産ませないのと、どちらがあなたの気持ちに添うでしょうか。
今目の前にいる、可愛がっている猫を、健康を見守りながら長く付き合う選択を考えていただけたらと思います。

三鷹市内でも、猫にご飯をあげてみた、初めて猫に関わってみたという猫に関わる初心者さんが、増えてきております。
そのような方がこちらの会にご相談をしてくるのが、大抵その年の秋が多いです。
産まれた子猫が親猫と変わりない大きさになってしまってから、子猫の里親って見つかるのですか?という具合です。
みなさん何故こんなに大きくなるまで連絡してこないのかと、大変困っております。
ひとつには、小さな子猫の可愛さに見とれて数ヶ月たってしまうという事があるようです。
秋になり子猫たちも野良猫魂が育ってしまって、手におえなくなってからのご相談に毎年頭を抱えます。
貰い手をつけて下さいという希望イコール誰かにとても大きな苦労を負わせる事になるとは、考えてない人がたくさんいます。
ご自分でならして譲渡会に連れてくるようにして下さいとアドバイスしても、無理無理、家にはいれたくない、家猫がいるんですとかいう事を言われる方もたくさんいます。
猫というワードからのご相談事で、テレビのようになにもかもひっくるめて、暖かい猫談義の主人公に加われると思っている方々が多いです。
ご自分の相談事を二つ返事で受けて貰えないと、すぐにキレるかたも多いです。

幸いな事にこちらの譲渡会には、とてもたくさん良い方がみえて下さって、不可能に思える事も、たくさん解決してこられた面があります。
命を助けたいという方に、甘えていい事と悪い事があります。
猫が子供を産むなんて知らなかったという人はいないでしょう。
猫にご飯をあげたい。だけど産まれた子猫の事なんか知らないわよ!という方は三鷹市内にまだまだたくさんいるようです。
何故か!
それはいまだに三鷹市だけが、このあたり近隣の都市のなかで唯一、地域猫としての施策から目をそむけ、門を閉じたままだという事が大きな要因だと思います。
本来、もっと前から積極的に自ら勉強し市民の苦情に答えなくてはならなかったはずです。
この事では当会もこれまであらゆる形で要望を出して参りましたが、環境生活課のやらない、知らないという対応には、驚くばかりです。
結果、猫の事ですから市内の問題を悪化させ、市民を対立させております。
具体例はまた別の機会に書く事としますが、悲しい思いをさせているだけでなく、まわりの市、地域猫活動をきちんと施策に取り入れている地域にまで、猫の問題で迷惑をかけ続けている事をこの先どうするつもりであるのか、市民の皆さま是非問い合わせてみてください。

ボランティア募集

当会は6年目に入りますが、猫の捕獲依頼をこなせる人員が代表一人でしたので、捕獲ボランティアを募集いたします。

あらゆる依頼の要の部分ですので、これから寒い季節に入り、大変過酷な作業ですが、これを出来る人員がいないと活動が進行しませんので、是非やってみるという方、お待ちしております。
また、基本的には依頼のなかで捕獲の部分がある場合、まずは当の本人にやり方を教えて自らやっていただく事をお願いしてはおりますが、それができそうにない場合と捕獲器自体を誰にでも簡単に貸せないという事により、出向かざるをえない場合があります。

多数の希望者の方をお待ちしております。

緊急告知 ICU ( 国際基督教大学 ) セミナー会場変更

申し訳ありませんが、明日(4月22日)第一回情報共有セミナー会場の機材が故障したため、教室の変更依頼が、国際基督教大学管財様より本日4月21日にありました。

新会場は、本館1階 H115 教室 になります。

尚、主催者が交渉を継続していますので、再変更の場合は、ご容赦の程、宜しくお願いします。

多数の参加者を、お待ちしています。

ICU April seminar poster 2016 v0421icu_map2013_3

 

2016年4月22日(金)ICU地域猫セミナー(English simultaneous interpretation provided.)

三鷹市にある、国際基督教大学(ICU)の地域猫クラブ主催で、地域猫セミナーを開催します。

日 時:2016年4月22日(金)午後7時~午後8時50分

場 所:国際基督教大学 本館3階 H301教室 東京都三鷹市大沢 3-10-2

講 師:高木 優治 氏 (NPO法人アナイス理事・新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会顧問・元新宿区職員)

 

敷地東京ドーム13個分のエリアに現在130匹以上の猫が確認されています。

過去20年にわたり、周辺住民のみなさんや、当時お勤めしていた教職員の方々が、避妊去勢手術を相当数おこなってこられたことを、こちらの会の活動のさなかにも、よく耳にいたしました。

昨年も周辺エリアにてメス猫の出産があり、こちらの会にて捕獲、子猫の譲渡、親猫の手術とリリースをおこないました。このエリアは手術をしつくしていまして、数年猫は増えていませんでしたが、住民の方々はキリスト教大学から流れて来るとうったえられました。

実際、二年前から大学の一部の教員の方々の依頼にこたえまして、当会にて手術、譲渡をおこなってまいりました。

しかし、まだまだ未手術の猫がおります。これに加えて、活動してこられた先生方の移動があり、この段階から爆発的にまた学内猫が増えると想定されます。

これは周辺の大沢住民及び、小金井にまたがり環境問題としては脅威で、問題の解決を流れた先の住宅地の方々が負うことになります。

今回この時期に大学側の対応により、ここ大沢エリアの野良猫環境が大きくかわります。

猫の問題を未然に防ぐには、まず頭数をきちんと把握する。

手術する。

飢えさせない。きちんとエサ管理をする。

そこにとどまらせ、トイレ設置をして周辺に流れさせない。

これらの事を学内で継続するには、学生のクラブ化が一つの手段です。

これを地道に取り組んでこられた早稲田大学のグループの皆様をお呼びしております。

学内猫問題を成功させてきたノウハウを是非教えて頂きたいと思います。

それ以前にまず、今回キリスト教大学側が環境問題として、どのようにとらえておられるのか、是非お聞きしたいと思います。

幸い講師の高木氏は、あらゆる問題を解決されえこられたスペシャリストですので、あらゆる現場に即したお話になるかと思います。

短い時間ではありますが、また平日の夜間ではありますが、「これは、学生のクラブのため授業後の活動になり、学生が、国際的なため」

是非多くのみなさま、お越しくださいますよう

お願い申しあげます。

 

ICU April seminar poster 2016 v0401icu_map2013_3Directions-to-ICU

添付資料の内、大学構内地図・交通アクセスは、国際基督教大学のホームページより、転写しています。

多数の方の参加をお待ちしています。

 

 

2016年3月21日第2回地域猫セミナー by 八王子市

八王子市市民企画事業補助金対象事業(平成27年度)による、「第2回地域猫セミナー」があります。

日時:3月21日(月・振替休日) 午後1時30分~午後5時

場所:八王子市学園都市センター 第5セミナー室

第4セミナー室にて資料展示

八王子市旭町9-1 東急スクエア12階 JR中央線八王子駅北口 徒歩1分

入場無料・申込み不要

【講演】

講師:台東区台東保健所愛護動物管理課 高松 純子 氏

講師:八王子市保健所生活衛生課 伊藤 健一 氏

【報告】

拓真高校ボランティア部展示

地域猫団体報告

【主催】

八王子猫のおうち探しの会・はちねこ!カフェ

【後援】

八王子市商工会議所・一般社団法人八王子青年会議所・八王子市古本まつり実行委員会

【アドバイザー】

新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会顧問 高木 優治 氏

【資料提供】

NPO法人ねこだすけ、人 自然 動物と共生 みたか123

 

講師の高松 氏は、獣医師免許を持ち、行政に入られた方です。区内を歩き回り、地域猫活動の考え方を広め、新しい地域コミュニケーション作りをしています。豊富な経験から色々なお話が聞けます。多摩地域での講演は珍しいので、この機会に是非参加をお願いします。

20160321ポスター