猫の病気に朗報

奇形の足、治りました。

今年初の三鷹での子猫保護はこの子でした。

DSC_1587

アパートのベランダで親猫がこの子だけを大事そうに抱いていたとの事でした。
ご相談者の方によると、「だけどどうも子猫の足が変なんです」との事でした。
見に行きましたら、本当に産まれたばかりの子猫の足が変に曲がっていました。
その辺りはひと昔前に、だいぶTNRをしつくした場所でしたが、数年たてばこのように新たな猫が来ている事はよくあります。
今年の1匹目の子猫がこの子かー、ハードな幕開けだなと思いながら、とりあえず母親が子猫をくわえてどこかに移動する前に、今回は母子共に一度に保護しましょうとなり、支度をしに帰っている間、この相談者さんが瞬く間に段ボールに入れてしまっていて、なおかつ親猫を洗濯ネットに入れるまでをやれてしまっていました。
時々このような方がいます。初めての事なのに、やるべき事がやれる!という方。大変助かりました。
それで親子を連れ帰り、段ボールの寝床入りのゲージの中に子猫を入れて、親猫を入れてちゃんと抱くのかしばらく様子をみていました。
しかし、子猫は横に転がったまま時がすぎ、もうすぐ6時間になるという手前で、タイムアウト。子猫を取り出し、ミルクやりのボランティアさんはお願い致しました。結局その方が良かったのは、人の手で奇形の足を治す事ができたからです。ヘソの緒がついて、透明な足が内側にグーっと曲がっているこの子を獣医さんに見せましたが、首を横にふられたり、足の付け根からの手術を先々にしなければならないとか、いろいろなお話を聞きました。または安楽死だとか。

しかし今の写真がこれです。

DSC_1663

名前 ちび蔵

ミルクをあげながらの足のマッサージと鍼灸。
これで次第にかかとが出来てきました。
今は多少内股の足ですが、すごいスピードで走り回っています。
もしこの先子猫を保護し、足や手が反対に向いている!なんて子がいたならば、絶望しないで、よくさわって向きを正してあげてください。
骨が柔らかいうちなら、いくらでも可能性がある事がわかりました。

また、これまで猫の白血病が治りました。の記事から何人かの方へ、免疫をあげるお水をご紹介いたしました。白血病の発症前、または発症しているけれどリンパ腫に移行する前の猫には、変わらず効果が出て陰転したというご報告を受けております。
しかし、残念な事にリンパ腫になり獣医さんからの抗がん剤、強いステロイド注射をうちながらの子は、思うような効果が現れず、亡くなってしまった子がおりました。とても残念です。
あと、沖縄の方でお一人何の病気かわからないと言われたけれど、どんどん痩せて元気がなくなっているという猫ちゃんの飼い主さんも使ってみてくださいましたが、残念な事にその子も亡くなってしまいました。
本当に残念でした。なんの病気だったのだろうと思います。

以上経過報告をいたしました。
白血病なら悩まずリンパ腫に移行する前、出来れば発症前に飲ませて心配事をなくしていただけたらと思います。

猫の白血病2匹共に治りました。

前回、猫の病気に朗報というカテゴリーをつくり、過去に白血病発症の猫が完治した例を報告いたしましたが、それをご覧になった方からご相談がありました。

一年前に学校の部室にて子猫が4匹生まれた事があり、育てるだけして学校関係者がそれぞれ1匹づつ貰い受けて行ったという事でした。

そのうちの1匹が最近具合が悪くなり、病院にかけたところ白血病で発症しているとの事がわかったという事でした。

病院にてステロイドなどの治療をしつつ、あまりよくならないのでとのご相談を受けました。

ステロイドで治るなら白血病は恐くありませんし、たくさん治っているはずですが、やはり対処療法でしかないと思われます。

そしてこちらの紹介したものを試したところ、ほぼ数日にてみるみる元気になり、内臓数値の正常化に加え、ウィルス検査も陰性となったとの事です。

この猫の兄弟でもう1匹の子の飼い主さんもあわてて検査したところ、やはり白血病で貧血が激しくなりかけていたという事でした。

そして同じく飲ませて体に染み込ませたところ、3日目から明らかに元気になり、自ら食べだしたという事でした。

この経過はうちの場合と全く同じです。

だいたいが最初の3日で食欲が回復し、キラキラした表情になります。

この2匹めの子も貧血が改善され、ウィルス検査も陰性となったようです。

多分獣医さんは元々疑陽性だったのか、または治療がうまくいったと思われていると思いますがそうではないと思います。

はやい対処ならば、猫の白血病はいとも簡単に完治します。

 

前回ここでお知らせして、本当によかったと思っております。

 

そうは言っても強固な獣医信仰のような方は多くいらっしゃいます。

はじめから看取るんだと腹をくくっている白血病の飼い主さんもおられると思います。

どんな事にも100%確実な事はありませんが、度々獣医さんに通うより安価だと思いますから、是非試してあげていただきたいと思います。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

猫の病気に朗報

8年活動してきたなかで、保護した猫に様々な疾患があり、その時々にあちこちの獣医さんにかかり治療してまいりました。
そのなかでも今回特にこの場に書いておくべきだという事例があり、書くことにいたします。
ウィルス検査にて白血病とでますと、大抵は一瞬絶望の淵にたち、あーこれからどうしよう、いつ発症するのだろうか、また他に室内に猫がいた場合隔離しなければならないなど、これまでの生活も変えなくてはなりません。
子猫ならば遺伝子検査をして違っていたという希望ももてますが、一才こえた場合にはインターフェロンをうっても、陰転は望めないと思います。

4年前のある日、一才のウィルス検査陰性の保護猫のいるところに慌ただしく半ば無理やり一匹の猫を置いていかれ、引っ越しで連れて行けないからとの事でした。
その人いわく検査済みで問題ないとの事でしたが、連絡とれずそのままその猫をゲージに入れて過ごしていくうち、その猫はみるみる痩せて衰弱してゆきました。

病院で検査したところ白血病で発症しているとの事。
驚いて治療を継続していたものの、あっという間に亡くなりました。
問題はその後で、その亡くなった猫にゲージ越しで仲良く寄り添っていた、当時一才の猫がすぐに具合が悪くなり、まさかと検査したところ白血病に感染し発症してしまっていました。
腎臓・肝臓・貧血全ての数値が悪く、手のうちようがないという状況で、2週間持たないだろうという具合でした。
その時から今、4年たちました。
その猫はうちにいます。
とても大きな猫になり平和に暮らしています。
ウィルス検査をした結果、白血病は陰性でした。
そもそも病気ではなかった猫を過失により感染させたので、とにかく全ての奇跡を全部この猫に!との思いでした。
治るのに4年かかったのではなく、快方に向かっていると実感したのは最初の2週間からでした。
理由は植物由来の純粋な水を飲ませ、また体に染み込ませるというものでした。
免疫機能をあげるというだけのものです。
貧血は輸血をしたりしますが、これまでその時だけ元気になり、すぐに弱るという経過をみてきましたので、やりたくありませんでした。
しかし、この水ではとにかく自力での造血のペースが早く、表情もキラキラした眼差しになり、猫自身が自分は助かったんだ!という感じになりました。
同時に腎臓肝臓の数値も次第に正常化し、3ヶ月過ぎた頃には体重も元に戻りました。
それどころか、骨太になり一回り大きな体格になったようです。

とにかく、白血病発症した猫が今生きている。
白血病ウィルスも消えたという事実をお知らせ致します。
世の中にはご自分の猫の病気で苦しんでいる方も多いと思いますので、ご興味がありましたらご連絡ください。

この4年で様々な他の病気に試した結果を書いておきます。

真菌ならば、吹き付けるだけで治ります。
シャンプーやお医者さんの塗り薬で治りますが、目の回りにあるハゲに遠慮なく吹き付けられる水は扱いやすいです。

FIPについて

2年前に2匹の保護猫がコロナウィルス発症と認定されました。
一匹は腸にピンポン玉サイズの腫瘍がありました。
この2匹を譲渡先から戻し、ひたすら飲ます吹き付けるで経過をみていました。
一月たった頃、何かとても食欲がもどり元気になったようでした。
お腹の腫瘍も外から手でさわった限りどこにあるのかわからないまでになりましたから、検査をしてみたところ、腫瘍は一センチまで小さくなっていました。
そのまま続け2ヶ月過ぎたころFIPとしての数値を検査しまさしたら、正常化していました。
お医者さんは何で?と大抵首をかしげます。
この辺りでとりあえず水を飲ませるのをやめました。
まさかのまさかで、FIPにも勝てたかも!と水をのませるのをやめ、飼い主さんへ戻しました。
もう少し飲ませ続けて経過をみるべきでした。
結果、2ヶ月ほどしてFIP再発し亡くなりました。強烈なコロナウィルスの逆襲をみた気がしました。里親さんにも悲しい思いをさせてしまいました。
しかし一度はコロナウィルスを撃退したかまで行けましたので、次回機会がありましたら、半年は飲ませ続けてFIP完治を目指したいと思います。
できれば、FIPにかからないで欲しいのですが。

他に、一度パルボウィルスをやりました。
その時、パルボにはききませんでした。お医者さんのタミフルと抗生剤などの処方がよかったかと思います。
子猫の下痢にもあまり効果は見られませんでした。
普通に整腸剤がよいと思います。

AIDSにもためしてみたいところですが、試す前にAIDSの子として譲渡されるペースがはやいので、今のところわかりません。

いずれにしましても、白血病、腎臓、肝臓、貧血などには、目に見えて早い回復を実感しております。

できれば獣医さんにこれを研究していただきたいと願っています。
そして治る可能性のある病気に皆さまが使えるようになってゆけばと思います。